検査漬け

久しぶりの投稿です。心不全の家内も今は私と同じで、薬による保存的方法で一生服薬し続けなければいけないです。

本題ですが、私は1〜2年前頃からですが、めまいと言うか立ちくらみと言うかなんか変で、最近は頻度が多くなりました。循環器科で相談すると同じ大学病院の脳神経内科を紹介され受診しました。

で、診断の上、「ドパミントランスポーター」とか言う聞いた事もない検査を受ける事になりました。

これが面倒で「核医学検査」とか言うらしいのですが、まず、事前に「アイソトープを含む注射(放射性医薬品)」をして3時間待ってから検査に入ります。検査機器の外見はCTみたいですが頭を挟まれるんじゃないかと思うぐらい近づいてきて動いてます。それが終わると今度はMRI検査でした。

※アイソトープとか放射性医薬品、核医学検査。核!と聞くと過剰にアレルギー反応を示す人も居るようですが、私の場合、今更って感じで全然気にして無いです。だって被爆二世なんで!!

翌月には、また、核医学検査と言う事で、同じように注射後は「心筋 ミオ」とか言う検査でした。それ以前には循環器科で「イベント心電図検査(1週間)」も行ってます。この2ヶ月間は毎週のように病院がよいです。今までも循環器科での検査は色々やってますが核医学検査って言うのは初めてです。

「パーキンソン病」及び「レビー小体型」が疑われたが、検査結果としてはパーキンソン病で多岐にわたるパーキンソン病の症状としても幾つかが当てはまるようです。私の場合、主な症状はめまいと便秘です。ただし、現時点で治療の必要性は無い段階だそうです。

結果的にはパーキンソン病が早く見つかり、痴呆の症状が出てないのは良かったのですが・・・治療の必要性は無い段階ってどう言う事?

進行するまでほっとけ・・・って事。ですか?

水飲んで、体操でもしてろ・・・みたいです。(笑)