Skip to content

はじめまして

釣りはしばらく、と言うよりずいぶん長くご無沙汰です。あれだけ熱中していたのに、まるで嘘のように行ってないです。でも、何故か釣り道具は手放せません。

大事に保管はしてますが、古い釣り具です。初期のレバーブレーキ付き重たい・・・(^_^;) でも、まだ十分使えます。

g_1
g_2
g_3
g_5

時代遅れの元釣りバカです

最近はTVでも釣り番組が多くなり、釣り自体がメジャーになっています。私の頃は釣りブーム(ファミリーフッシング)こそあれ、釣り番組なんて皆無でした。最近の釣り番組を見るとロッドやリール、ハリスなど、知らないブランドやメーカー名ばかりで?? 戸惑いと同時に興味も少し・・・

私が釣り道具に興味を持つようになった頃の一大ブランド(メーカー)はオリンピックでした。ダイワは後発組と言う事で少し下に見られていました。シマノやリョービも有ったかも・・・でも、まるで問題外の扱いだった。

私個人では、オリンピックよりダイワでした。竿もリールもダイワで、竿は確か飛竜って名前だったかも?リールはSS何とかだったような不確かな記憶です。竿は当然ですがグラスロッド、リールは重たくて鋳物製だったような気がします。

その当時、年配の方々は釣具=オリンピックと言う時代でしたね。その後、オリンピックがカーボンロッドを出し、ダイワも負けじと。

当時は、まだまだグラスロッドが主流でカーボンロッドなんて必要なの?雷が落ちて感電しちゃうよ!!と賛否両論でした。

そんな中、満を持して?

磯竿

「がまかつ」

がカーボンロッドを出しました

名前は「がまかつ」ハイカーボンロッドです。販売用ケースの中に入っていた物保証書他

がまかつつりばりと言うイメージが強く、当初は気にもとめない程度でした。それが触ってみると、他のカーボンロッドとは一線を画する感触で感激しました。デザインも気に入って即買いです。それが釣りバカのきっかけになったようです。

Sepia

Sepia

Blur

Blur

Grayscale

Grayscale

当時のまま

古い! 私(ー_ー;)も釣具も今では骨董品? でも使えます

いつかまた釣り人に

時代遅れの元釣りバカです