「がまかつ」

グラスの粘りにカーボンの反発力が私には良い感じで、他メーカーのカーボンロッドには無い感触でした。その当時の他メーカーのカーボンロッドって先調子と言うか、反発力が強すぎて私的には面白味が無かったですね。綺麗な曲線じゃないんで・・・

だいいち漁師さんじゃあるまいし、太ハリスで一気に引きぬくような釣りは趣味じゃない。

※当時、私の親父は竿からリールまで、全てオリンピック製で、後に竿は「がまかつ」リールは「ダイワ」と、私と同じに!!でも当時はつりばり「がまかつ」メーカーの竿?でごく少数でした。

当初のカーボンロッドは高額で、「がまかつ」はカーボンロッドに限り値引き販売は一切しないと言う販売方針のため、釣具店の方も売りにくいと言われていました。そんな事で扱っている店も少なく、私の周り釣り場でも使っている人を見る事はなかったです。当時、「がまかつ」ハイカーボンロッドはそんな存在でした。

※販路は釣りクラブから開拓し今があるという話を聞いた事があります。よほど自信が無いと出来ない販売戦略(差別化)ですよね。