Skip to content
Menu

紀州釣り(自己流)

紀州釣り

紀州釣りの発祥は江戸時代の紀州藩が始まりで、米ヌカをベースにしたダンゴ釣り法が今の和歌山県北部で古くから行われていました。そのため、紀州釣りと言われるようになったようで、釣り場としては磯や波止(防波堤)がメインになります。

その後、各地に広がり瀬戸内ではバクダン釣り、九州ではウキダゴ釣りと呼ばれています。高い釣果が期待できる事に加え、基本的な事を押さえれば初心者でも容易に出来る釣り法のため、関東や東海、最近では東北や北陸方面にも浸透し始めているようです。


紀州釣りと並びメジャーな釣法に阿波釣りがあります。阿波釣りはフカセ釣りとも言われ、どこでも通用する非常に優れた釣法です。が、習得にはある程度の経験が必要です。

それに近年、近年と行っても私が現役時代ですから随分昔です。特に波止(防波堤)釣りでは紀州釣りが台頭したため、釣り人の多い波止では阿波釣りは姿を消して行きました。御多分に漏れず、私も波止釣りでは紀州釣りに変えました。※どちらかと言えば好きなのは阿波釣りですが・・・

ただし、磯では阿波釣りに勝るものは無いでしょう。他の釣法を席巻した紀州釣りも、起伏に飛んだ磯場の海底には対応出来ません。トーナメントでも阿波釣りが他を圧倒してました。

いつかまた釣り人に

紀州釣りとは

まず、ダンゴにサシ餌を包んでポイントへ投入します。ダンゴは海底まで少しずつ溶けて濁りを出しながら沈んで行きます。海底に届いたらダンゴが割れ、割れると大量の濁りと共にサシ餌が出ます。

濁りに興味を持って近づき見ていたチヌの目の前に、
サシ餌が・・・

思わずパクリと食べてしまう、と言う、好奇心が強いと言われるチヌの習性をうまく利用した釣り法が紀州釣りです。

ダンゴの役割

  • サシ餌を海底まで確実に届ける
  • エサ取りからサシ餌を守る 
  • ダンゴに混ぜた集魚成分でエサ取りを寄せる
  • 寄せたエサ取りにダンゴをつつかせる
  • ダンゴから出る煙幕や集魚成分の拡散でチヌを刺激
  • ダンゴは海底で割れるため確実にチヌの目の前に

以上のように、紀州釣りでのダンゴの役割は非常に重要です。なので、ダンゴの成分(配合)にダンゴの握り方(硬さ調整)サシ餌の選定には悩みます。でも、それが釣りの楽しみでもありますよね ^_^

あと、重要なのが仕掛けと浮きとのバランス、ウキ下の長さも釣果に大きく影響してきます。最近の傾向としてはウキ下を長くして底に這わすようです。

ちなみに、私の釣り方は当時からその釣法でした。当時私がいた瀬戸内ではエサ取りが多く、普通の紀州釣りではサシ餌が持たないので、自然とその釣り方になっていました。基本は押さえつつその場に合わせた工夫も必要です。

すべてがうまく行き、釣り上げた時の感触って最高ですね。

その当時、チヌ(黒鯛)釣りによく行っていたのは、広島県の大竹市小方港からフェリーで35分、日本三景のひとつ「安芸の宮島」の近くにあるハマチやカキ養殖、イリコ生産など、産業の中心は漁業と言う瀬戸内の島、阿多田島です。

当時はフェリーから降りて桟橋を歩いていると岸近くの浅瀬にチヌ(黒鯛)が群れをなしているのをよく見かけたものですが、釣り人の増加につれそんなチヌ(黒鯛)の魚影も見れなくなりました。が、依然として釣りの名所となっているようです。