Skip to content

リール

当時、新たに発売された多くのレバーブレーキ付きリール、新しい機能搭載で自重も軽く、見た目もスマートで良いのですが逆転時に一瞬ですが突っ掛かる物が多く、その一瞬の突っ掛かりがスムーズさを欠き、嫌でした。

「DAIWA」

SPORTLINE 500LB
SPORTLINE 1000LB

このリールの良さは、ハンドルを逆回しする瞬間のスムーズさです。

「SHIMANO」

TITANOS BB-X 800GT

後に販売された「SHIMANO] TITANOS BB-X 800GT、これはハンドルを逆回しする瞬間もスムーズで、満足出来る物でした。

CIMG1215.JPG

レバーブレーキ付きリール

名機と言われていた「DAIWA」SPORTLINE 500LB

初期のレバーブレーキ付き磯の上モノ用リールで、まだ使えますが自重が400gもあり重たく見た目もイカツイです。

磯釣りマニアのコレクションとしては良いかも!!

 
CIMG1219
CIMG1217

「DAIWA」SPORTLINE 1000LB

グレ(メジナ)のカゴ釣り用に500LBのワンサイズ上、と言う事で使っていました。

 
CIMG1234
CIMG1233

「SHIMANO」 TITANOS BB-X 800GT

私の中では新しい方のリールで、この頃にはレバーブレーキ付きリールは色々出ていました。ただし、スムーズさと機能ではこれが一番と思って購入しました。

バラサンブレーキって名前のまんまですが、これは便利な機能でした。

このリールを最後まで使っていました。

 
CIMG1229
CIMG1230

TITANOS BB-X 釣法

購入時に付いていました。

CIMG1240

リールは何で右巻きなの!?

市販のリールは全て右巻きです。確かに殆どの人は右利きですが竿も利き腕の右で持ちますよね。右手で竿を持って右手でリール巻けますか・・・? 私の右手は一本しかありません。無理です!!で、全部左巻きに変えてます。竿は利き腕の右で持ちたいので・・・。

殆どの人はリールを巻く時に竿を左手に持ち替えています。これって無駄な動きと思わないですか?投釣りやファミリーフィッシングなら良いのでしょうが、磯の上物釣りではその時にあたふたして持ち替えている光景をよく見ます。

後に知ったのですが、スピニングリールの世界標準は左巻きでベイトリールは体力勝負的な要素が多いので右巻きが世界標準(スタンダード)だそうです。なのに何で右巻きになっているんでしょう。

これは日本に限った事のようで、技術者の勘違いから始まった事と言われています。ですが、今でも右巻きが続いています。メーカーとしてはネジ一本で右左どちらにでも変更できるので、これで良しとしているんですかね。

一度付いたクセって治すの大変ですよ。